ユーロドルのスプレッドが狭い!本当のランキング

ユーロドルのスプレッドが狭いFX会社!本当のランキング

【取扱高No.1ユーロドル!】

 

ニュース等ではよく目にするドル円の為替情報ですが、 FXの世界で一番取引が多いのがこのユーロドルの取引になります。 取引高が一番と言うことはそれだけ流動性が高い通貨ペアとなりますので、 トレンドも出やすく個人投資家から見ても最も取り扱いやすい通貨ペアになります。

 

またリーマンショック後の欧州経済の低迷、米国ではいち早く金融引き締めの動きが出始めている昨今、 益々、注目を集める通貨ペアである事は間違いありません。

 

 

スプレッドが狭いとなぜ有利なのか

 

最近のFX業界のスプレット競争の例に漏れずユーロドルのスプレッドも大分狭くなってきました、
私たち個人投資家が取引する場合、絶対有利なのがスプレッドの狭いFX会社で取引する事です。

 

スプレッドが狭いとなぜ有利なのか!と言うと、
例えばユーロドルを1.3000ドルで買ったとします、これで1.3020で決済した場合、
スプレッドが0.6pipsの場合はスプレッド0.6ipsを引いた14pipsが利益になります。
スプレッドが0.8ipsの場合はスプレッド0.8ipsを引いた12pipsが利益になります。
同じ取引をしても2pipsも利益に差が出てくるということになるわけです。

 

これで1万通貨でしたら1pipsあたり93円、
10万通貨でしたら1pipsあたり930円も違ってくることになります。

ですのでFX会社を選ぶ際、スプレッドの狭さが非常に重要な要素となります。

※ドル円が93円の場合の計算です。

 

 

ユーロドルのスプレッドが狭いFX会社!ランキング

 

FXブロードネット
FXブロードネット

ユーロドルスプレッド FX業界No.1のなんと0.3pips!

 

・さらにFXブロードネットの魅力が1000通貨から取引可能なことです。またユーロドル以外でもドル円0.3銭をはじめユーロ円0.5銭となっています。 但しスプレッドは原則固定ではなく0.3pips〜0.6pipsの変動性ってところや、ユーロ・ドル以外の通貨ペアのスプレッドが比較的広いのが気になります。 とりあえずユーロドル通貨の取引の為に口座開設するのにお勧めです。

 

またセミナーが充実しており、初心者用、中級者用、上級者用と用意されています。あとオンデマンドで配信してくれれば言うことないですね。

 

>>FXブロードネットの詳細・口座申し込みはこちらをクリック<<

GMOクリック証券
GMOクリック証券

ドル円スプレッド FX業界No.2の0.4pips!

 

・FX業界に最初にスプレッド激狭競争を持ち込んだのがこのクリック証券です。クリック証券のスプレッドは取引単位に関係なく原則固定の0.4pipsと条件が1位と違い、なにも無いナチュラルな0.4pipsです。また取引システムも安定しておりスリップページ発生確率も低くスプレッドの広がりも少ない会社です。またユーロドルに限らず他の通貨ペアでもスプレッド一環して狭いのが特徴です。ですので総合的にはクリック証券が実質的な隠れNo.1といわれています。

 

・またFX取引高では世界で1位さらには、2013年の顧客満足度1位を見ても分かるとおり、FX業界のリーディングカンパニーといってよいでしょう。FX取引する人はほとんどの人が口座開設をしているといっても過言ではないくらい人気のFX会社です。

 

>>GMOクリック証券の詳細・口座申し込みはこちらをクリック<<

DMM FX
DMM FX

ドル円スプレッド FX業界No.3の0.4pips!

 

・GMOクリック証券と同じ0.4pipsですが、取扱高が世界3位と言うことで3位にしました。

 

しかしDMMFXの一番の特徴はスワップポイントのスプレッドが0と言うことです。 くりっく365と同じく買いスワップと売りスワップが同値になっており業者による利益を排除し投資家に還元しています。またスワップポイントはポジション決済をしなくても出金もしくは証拠金として使えるところはいいですね。

 

>>DMM FXの詳細・口座申し込みはこちらをクリック<<

 

通貨ペア別スプレッドが狭い!本当のランキングシリーズ

ドル円のスプレッドが狭い!本当のランキング

ポンド円のスプレッドが狭い!本当のランキング

豪ドル円のスプレッドが狭い!本当のランキング